ブログ
Web制作を「学ぶ」ということ(スクール編)

新潟県上越市の広告代理店「桐朋(とうほう)」のWebサイトをご覧いただき、ありがとうございます。

Webに関するお仕事をしていると、ときどき、

「ホームページを作るには、どんな資格が必要なの?」

「ホームページ制作のスキルが上達するには、どんな学校に通えばいいの?」

と聞かれることがあります。

答え方はその状況によって異なりますので、これが正解!と言えるものはありません。

疑問をお持ちの方それぞれによって、適した勉強方法があると思います(^^)

今回は、そのうちのひとつ「Web制作の学校に通う場合」の、私のおすすめの方法&観点のご紹介です。

※この記事の内容は私のおすすめであり、全ての事例において効果を保証するものではありません。

この記事の目次

Webサイト制作に必要な資格

基本的に、Webサイト制作に必要な資格というものは、特にありません。

ただWebサイトを作る、ということであれば、そのために何かを受験して合格しておく必要があるというものではありません。

作るためのコンピュータの環境などが整っていれば、作り始めることができます。

ショッピングサイトの場合は、扱う商品にも注意!

Web制作で、一部に関して「例外」は存在します。

例えばショッピングサイトを制作する場合は、その中で、

「この商品を販売するには、この資格が必要です」

「この商品を扱うには、この法律を守ってください」

と決められている場合は、そこはもちろん守らなければなりません。

この記事の目次へ戻る

Webサイトは呪文を唱えて出現させるものではない!

Webサイトを作ると言っても、ただ「えいっ!」と唱えて「ボンッ!」と出現するわけではありません(^^;)

例えば、デザインからこだわりたいという場合は、Illustrator(イラストレーター)やPhotoshop(フォトショップ)などのデザインソフトが必要になる場合があります。

そして、それらソフトの「操作方法」を覚える必要も発生するでしょう。

また、デザインを起こしたものをWebページとして動くようにするためには、HTMLやCSSなどと呼ばれる言語を扱う「コーディング」の知識が必要になります。

Webサイトの制作には、資格は特に必要が無いものの、完成までに得るべき「知識」や「技術」はいくつかあります。

この記事の目次へ戻る

必要な知識・スキルは幅広い!

昨今では、ブログやSNSを使う人は当たり前と言ってもおかしくないくらい、たくさんいます。

サイトにアクセスしたり、投稿画面にログインしたりするときには、

「http、なんとかなんとか、ドット、なんとか」

のような形式の「URL」と呼ばれる文字列が表示されていますよね?

私たちがブログやSNSを利用するには、そのサービスを提供している企業さん等の「サーバー」と呼ばれるコンピューターに、

「サービスを使うための情報をください」

という「リクエスト」を送って、サーバーから「返事」を受け取ることで利用できるようになっています。

ブログではないWebサイトを制作する場合にも「レンタルサーバー」と呼ばれるサービスを利用することができます。

中にはボタン1つで最低限の機能を使えるようにしてくれるサービスもありますが、いざ本腰を入れて制作したい場合には、サーバーやプログラムの知識も必要になるでしょう。

あえて、もう一度繰り返します。

Webサイトの制作のみならば、資格は特に必要ありません。

その一方で、学ぶことはたくさんあります。

次からようやく、その「学び方」についてのオススメをご紹介します(^^)

この記事の目次へ戻る

学校に通うことは「目的」ではなく「手段」

私は、Web制作の学校に通うことは否定しません。

ここで「通う」という言い方をしていますが、最近では通信講座や、パソコンを通じてほぼリアルタイムで学べるようなサービスも提供されているのだと聞きます。

便利になりました。

ただし!!!

学校に行くこと自体は否定しませんが、

「学校に行くだけで、自分が望むスキルが全部身につくんだ!」

というならば、残念ながらそのお考えには賛成できません。

主体的に学べるかどうか

ここでは通信講座なども含めて、学べる環境下に身を置くことを総合して「学校に行く」という表現にさせていただきます。

Web制作を学ぶために、学校に行って授業を聞いて、課題どおりに手を動かしていれば、そのコースで教えてくれる分野の知識に関する講義は、すべて聴くことができるでしょう。

ここでオススメしたいのが「主体的に学ぶ」ことです。

この記事の目次へ戻る

授業を聞くことと、自分で使いこなすことは話が別!

授業を受けていると、難しそうな専門用語が出てきたり、課題に取り組んでみることで、何もない状態では作れなかったようなものが作れたりするようになります。

ただし。

授業を聞いただけで、

「ん〜、分からないところも特にないし、大丈夫かな!」

というのと、実際に自分の思うとおりに使いこなせるのとでは話が違います。

自分が理解できているかどうかを確かめる姿勢を、忘れないでください(^^)

この記事の目次へ戻る

自分の中で噛み砕く!

目的を「Webサイトの制作のために学ぶ」ということに置くのであれば、授業を聞いて覚えるだけでは満たされません。

見たり聞いたりして得た知識を活かして「コレを作ろう」と思ったものを、イメージしたとおりにアウトプットできるようになることが重要です。

授業を受けて学んだことを、ゆっくりでも良いので自分の言葉で噛み砕いて、少しずつ実力を付けていくと良いでしょう。

 

実は、かくいう私自身が一時期、Web制作を学ぶために学校に通っていた経験があります。

(かなり昔の話ですが)

そこで過ごさせていただいた時間も、教えていただいたことも、とても貴重なものでした。

だからこそ、学校へ通うという決断をされるなら「ここで学んで良かった!」と思えるように、頑張って欲しいのです(^^)

この記事の目次へ戻る

前向きな意図を持って学校に通うのは大賛成!

Web制作を学ぶにあたって、

「学校に入りながら課題ややりたいことを見つけるんだ!」

「今の自分に何が足りないかを知って、それを伸ばしたい!」

そういった意図で学校に入る・講座を受け始める、というならば、それは大賛成です(^^)

前向きな意志を持ってWeb業界の発展に努めていかれる思いを、影ながら応援したいと思います。

様々なタイプがあるWebの学校

2017年の時点で、Web制作に関する学校は様々な形態であるようです。

専門学校でWebを専攻する学科が増えてきているのは、もはや最近のことではありませんね(^^)

他にも、私が調べた限りでも、2年や3年といった時間をかけてじっくり学んでいくコースもあれば、通信講座で1コマ単位で受講していくコースもあるようです。

この記事の目次へ戻る

選び方は生活スタイルに合わせて

学校選びのポイント……、といえるかは分かりませんが、私自身の体験談もふまえつつ、ご紹介します。

Web制作を学ぶに当たって、学校選びは重要です。

例えば社会人の方であれば、お仕事と両立できるような通い方はないか、あるいはお仕事を終えて自宅で学べるような通信講座はないか。

例えば家事に専念されてきた方であれば、家事を続けながら通えるか、あるいは通っている期間は家事の作業を軽減できるか。

例えば学生の方であれば、今通われている学校を卒業してから通うのか、卒業前にWeb制作の学校のほうを終えられるスケジュールは可能か。

いずれの場合にも、それぞれの環境でのルール上、問題無く通えるかどうか。

などでしょうか。

よく言われることかと思いますが、無理をしないことが何よりです(^^)

ご自身の学びたい分野や生活スタイル、お仕事中の方はプライベートも含めたバランスを考慮されつつ、どのような学校に通うか、どのような講座を受けるかを決めると良いでしょう。

この記事の目次へ戻る

興味を持ったら掘り下げよう!

仮に「学校に通う」という選択をされたとして、講座の中で様々な専門用語を聞いたり、ブラウザを使った様々なデザイン手法、コーディングの仕組みなどを学んでいかれたりすることと思います。

人には向き不向きがありますので、全ての分野を100パーセント理解することは難しいでしょう。

一方で、興味を持てそうな分野、好きになって積極的に取り組めそうな分野も、少なからず出てくるでしょう。

そういった分野を見つけたら、ぜひ掘り下げて、探究してみてください(^^)!!

例えば、赤色で作られたボタンを青色に変えてみるにはどんな方法があるか、デザインソフトでやるのかコーディングで対応できることかも含めてです。

また例えば、何もない状態からページ内の要素を「ふわっ」と表示させるものがあったとしたら、それを「下から上へ」と移動しているように表示させるにはどうすれば良いか、あるいは輪郭をなぞるようにして表示させるにはどうすれば良いか。

そのようにして、

「じゃあ、こういう表現を実現するにはどうしたら良いだろう?」

を常に考えていくと、だんだんと上達していくと思います。

この記事の目次へ戻る

最後に

繰り返しますが、ご自身に会った勉強方法に早い時期から出逢えるのがベストだと思います(^^)

「誰かに教えてもらえば何とかなる」

が一切ダメとはいいませんが、興味を持ったものを自分の意志で試して、掘り下げていくことで力は伸びていくと思います!!

この記事を書いた人

  • 新潟県上越市 桐朋:TOHO Staff
  • TOHO Staff

    この記事は桐朋スタッフが書きました。

最後までご覧いただきありがとうございます。
この記事を気に入っていただけましたら、SNSにてシェアをお願いいたします。

こちらの記事もあわせてどうぞ [Web制作全般] [ブログ]

真実かどうか
2017.4.1
真実かどうか
Web制作を「学ぶ」ということ(独学編)
2017.2.22
Web制作を「学ぶ」ということ(独学編)
「お客様」と「お客様のお客様」
2017.2.6
「お客様」と「お客様のお客様」
ワードプレス(WordPress)でのWebサイト管理をおすすめしたい3つのポイント
2017.1.18
ワードプレス(WordPress)でのWebサイト管理をおすすめしたい3つのポイント
ホームページを作る手順−Webサイトの企画・制作・公開・集客−
2016.10.30
ホームページを作る手順−Webサイトの企画・制作・公開・集客−

ページの先頭へ